乾燥肌の人は保湿効果のある日焼け止めを

日焼けというと、夏の暑い日に太陽の光に当たることで起きると思っている人も多いですが、夏に限らず、紫外線は肌に当たると日焼けを起こします。春や秋の場合には知らず知らずのうちに日焼けをしてしまうので、なかなか自分では意識が無くても日焼けしてしまいます。日焼けをすると肌に大きなダメージを与え、肌の老化を早めてしまう事にもなるので、出来るだけ日焼け止めを使うことでその悪影響を防ぐ必要があります。

 

しかし、日焼け止めにもいろいろな種類があり、自分の肌の質に合ったものを使う必要があります。特に乾燥肌の人は、日焼けとともに乾燥肌のケアにも注意する必要があります。一般的な不用意に日焼け止めを使用すると、乾燥肌を悪化させてしまうことも有るので注意が必要です。

 

乾燥肌の人には、クリームタイプの日焼け止めが適しています。このタイプは保湿効果があるので、日焼けを防いでくれるとともに、肌の水分を保持してくれるため、まさに一石二鳥の優れものです。

 

しかし、クリームタイプは多少のべたつきがあるのが難点です。これが嫌でクリームタイプを敬遠してしまう人も少なくありません。そんな人には、ジェルタイプが良いでしょう。ジェルタイプは感覚がさらっとしているのが特長で、保湿効果はクリームタイプと変わりません。自分の肌に合わせて、最適なものを選ぶようにしましょう。