乳児でも乾燥肌対策を忘れずに

赤ちゃんはつるつるたまご肌と思われていますが、意外と肌荒れの症状が出やすいのが現実です。ニキビのような湿疹は乳児には必ずといっていいほど起きる疾患です。回復も早いこの時期ですが、日々のケアを怠ると悪化しやすいのも特徴です。

 

乳児が乾燥肌であることはピンと来ないかもしれませんが、入浴の後は必ず乳液等をつけるように教えられます。これは赤ちゃんの肌がまだ弱く、自分で保湿する機能が弱いからです。乾燥肌対策として選ぶ保湿剤は赤ちゃん専用のものを使う必要がありますが、程度によっては病院などでも処方してもらえます。

 

耳をかゆがったり、腕や太ももなどをひっかくのも乾燥肌が原因であることがあります。こまめに保湿剤を塗ることで赤ちゃんの弱い肌を守ってあげる必要があります。ほかに、アトピーやアレルギーが原因であることもありますので、注意深く観察することも大事です。

 

また、赤ちゃんには皮膚と皮膚が重なって換気の悪い部位があります。そのような部分は汚れや汗がたまりやすく、そのままにしておくと赤くただれたりくさいにおいがしてきます。そのようなときは、きれいに洗浄し、軟膏などを塗って様子を見ます。ひどい場合は病院へ行きましょう。