乾燥肌は足湯で改善しよう

乾燥肌で悩んでいる人は、高価な美容液やクリーム、オイル等をいろいろ試している人が多いのではないでしょうか。世間にはさまざまな高機能をうたった基礎化粧品が販売されているので、そのような商品を次々に試している人も少なくないでしょう。

 

確かに、高価なクリームやオイルは、肌表面を保護してくれるために、肌の乾燥を防ぐうえではとても効果があります。しかし、このような化粧品を使い続けても、乾燥肌は改善されないことが多いです。

 

なぜならば、クリーム等で栄養分を補ってあげると、肌は自分で皮脂を分泌しようとしなくなるからです。また、乾燥肌の原因は、血行不良に起因することも多いです。血行が悪いと皮膚表面に水分や油分が行き渡らないので、皮膚が乾燥してしまうためです。

 

ですから、乾燥肌を改善するためには、血行を促すような工夫をすることが大切です。そのために、最も手軽にできることは、足湯をすることです。洗面器に熱いお湯を入れて、その中に足を入れて、足首までお湯につかるようにします。そうすると、全身が温まって血行が良くなるので、肌に水分や油分を補給することができるのです。足湯は家庭で手軽にできますので、出来れば毎日行うようにしましょう。