幼児の乾燥肌には無添加の保湿クリームを

子供の肌は大人の半分くらいの厚さしかないと言われています。特に乳児や幼児は冬になるとカサカサした乾燥肌になってしまうということがよくあります。これは大人よりも肌が薄いため、乾燥しやすいというのが原因なのです。乾燥肌が悪化してしまうことで、かゆみが出てしまうということもありますのでしっかりと保湿をすることをおすすめします。

 

しかし乳児や幼児の肌はとても敏感になっていますので、使用する保湿クリームの種類も気を付ける必要があるのです。大人であれば保湿に特化したアイテムを探せばいいだけなのですが、子供の肌はとてもデリケートなので、無添加の商品を使用する必要があるのです。

 

子供の乾燥肌を改善するためには、こまめにクリームを塗り直してあげるということも大切ですが、添加物の入っていない商品を使用してあげるということも重要なのです。大人の半分程度の厚みしかない子供の肌に使用するのですから、なるべく肌に負担のかからない商品を探してあげるということも重要なポイントになるのです。

 

乾燥がひどく、クリームでは保湿が追いつかないという子供もよくいますので、こういったひどい乾燥肌にはクリーム系よりも無添加のオイル系の保湿アイテムがおすすめです。